カテゴリー別アーカイブ: AGAの基本

ハゲになるかどうか将来が心配なら

20代の男性にとって、ハゲは非常に恐ろしいものです。20代という若い時期に若ハゲになってしまうと、そのことで自信喪失してしまい、暗い人生を送ることにもなりえます。私自身も若ハゲを経験したことがあり、そのことでふさぎ込んでいた時期がありました。

美容室や床屋に行くこともできず、一人で風呂場で薄くなった髪を散髪しているときは虚しさ以外のなにものでもありませんでしたね。前髪を無理やり厚くして広いオデコを隠したりしていました

将来ハゲになるかと心配な人も多いと思いますが、結構な確率でそうなると思っておいたほうが良いでしょう。家系にハゲの人が多ければなおさらですね。ハゲは遺伝するものですし、遺伝子的なものだけでなく小さいころに親から受けた生活習慣なども遺伝します。

ハゲの人の生活習慣を刷り込まれているわけですから、知らない間にハゲになる生活を送っている可能性もあるのです。将来ハゲになるかと心配であれば、医学的に検査することも可能です。

口のほっぺの内側を綿棒で軽く触れて、それを郵送することで検査してくれるサービスなどもあります。これで将来をある程度予測することも可能です。ただ、絶対ではないですし、後天的なケア次第では防げる可能性も十分あると言われています。

私の知り合いでも20代からハゲになっている人がいますが、彼はとにかくスナック菓子が大好きなことで友人の間では有名です。会えばいつもスナック菓子を食べているくらいの印象があります。しかし、スナック菓子などの食べ過ぎは栄養も偏りますし、健康にも良くありませんよね?そうなると、当然髪の毛にも良くないでしょうから、それが直接的な原因ではないかもしれませんが、やはり彼はハゲになるべくしてなっているようにも思えます。

髪が細いと感じたら後悔しないためにも自己判断せず病院へ

髪が細いと何かと不安になりますが、元々髪が細い人もいて、その太さよりも密度等も見ておきましょう。元々髪が太かった人が細くなったら、何かの原因により細い毛になってしまったということになりますから、その原因を探らないといけません。 そのほとんどが男性型脱毛症である事が多く、これの対策をしないといけません。

自分で男性型脱毛症の対策はできるのですが、本格的に治療したい方は、病院に行かれることをお薦めします。 病院ですと、専門家がどれくらいハゲが進行しているのかどうか、どんな薬や治療法が合うのかを判断してくれますから、安心して任せられます。例えば、プロペシアやミノキシジルの服用にしても、それぞれ副作用がありますから病院でしっかりと説明を聞いた方が身のためだと思います。

少しでも髪の毛のことで心配なら、「細い毛になったけどまだ大丈夫」という風に自己判断せずに、病院やクリニックに行かれることをお薦めします。 間違った判断をしてしまうと後悔してしまいますから、専門家に診てもらうのが一番です。それがまだ早いと感じるのであれば、ポリピュアなどの育毛剤で自宅対策を始めてみるのも良いですね。

18歳という若さでの薄毛はAGAの可能性が高い

男性は年齢を重ねるとどうしても薄毛に悩む方が多くなってしまうものではあります。 しかし、中には18歳という若さで薄毛に悩まされる方もいます。

薄毛の原因は様々ですが若い方の薄毛の原因として多いのはAGAです。 18歳という若さで他に特別な原因が思い浮かばないというのであればAGAの可能性が高いと言えるのではないでしょうか。

AGAは男性ホルモンが原因で毛髪の発毛や育毛が阻害されてしまう病気であり、若い方でも症状が出る可能性が十分あるのです。 18歳という若さでもAGAが発症する可能性は多分にあり、いわゆる「若ハゲ」と呼ばれるような状態になってしまうわけですね。

もちろん、原因がAGA以外である可能性もあります。 AGAであるかそうでないかによって当然治療方法も変わってくるわけですから、原因を見極めることは重要です。 AGAであるかどうかを確かめるためには病院など医療機関でのチェックや、遺伝子検査キットを使って自宅でチェックをすることもできます。

医療機関で検査をすれば、そのままその結果をもとに治療を組んでくれます。薄毛の専門院であれば、その結果に基づいて多角的な治療も受けられます。なので、治療を検討されている方なら専門院での治療をお勧めしたいですね。

流石に18歳などの未成年であれば独断で治療に通うことは難しいと思いますが、社会人の方で月に1万もしくは2万くらいを半年くらいかけれるのであれば、カウンセリングを受けに行ってみると良いですよ。無料のカウンセリングの際には費用の見積もりなんかも出してもらえますからね。