月別アーカイブ: 2013年10月

増毛とかつらの根本的な違いとそれぞれのメリットとデメリット

薄くなった髪の毛を多く見せるためには、増毛かかつらの選択肢があります。 両者にはどんな違いがあるのか、見てみましょう。かつらは帽子のようにすっぽりと被ってしまうものか、ネット状になっているものから自毛を引きだして人工毛と混ぜて使用するもの、または部分的に自毛に留めて使うものがあります。

ネット状はいくらかマシですが、通気性が悪く蒸れやすいのがネックです。 ここが増毛との大きな違いですね。 増毛は自毛に人工毛を結び付けるので、通気性は問題ありません。 ただし、シートを貼りつけるタイプは蒸れやすくなります。

料金やメンテナンス面でも違いがあります。 かつらは洗っているときのことを考えてスペアを作らなくてはならず、10万円の製品を購入したいと思ったら2倍近くの金額が掛かってしまいます。 安価な人工毛を使った製品は洗っているうちに毛が縮れてくるので、作りかえる必要もでてきます。

増毛の場合は必要な部分だけ毛を増やすことができ、抜けた分だけを補って行けばいいので、初期費用以外はかつらのように多額のお金を支払うことはありません。 毎月のメンテナンスは面倒ですが、月々支払うスタイルにすれば一度に出ていくお金も少なくて、便利ですね。増毛についてはこちらでも解説しています。

髪が細いと感じたら後悔しないためにも自己判断せず病院へ

髪が細いと何かと不安になりますが、元々髪が細い人もいて、その太さよりも密度等も見ておきましょう。元々髪が太かった人が細くなったら、何かの原因により細い毛になってしまったということになりますから、その原因を探らないといけません。 そのほとんどが男性型脱毛症である事が多く、これの対策をしないといけません。

自分で男性型脱毛症の対策はできるのですが、本格的に治療したい方は、病院に行かれることをお薦めします。 病院ですと、専門家がどれくらいハゲが進行しているのかどうか、どんな薬や治療法が合うのかを判断してくれますから、安心して任せられます。例えば、プロペシアやミノキシジルの服用にしても、それぞれ副作用がありますから病院でしっかりと説明を聞いた方が身のためだと思います。

少しでも髪の毛のことで心配なら、「細い毛になったけどまだ大丈夫」という風に自己判断せずに、病院やクリニックに行かれることをお薦めします。 間違った判断をしてしまうと後悔してしまいますから、専門家に診てもらうのが一番です。それがまだ早いと感じるのであれば、ポリピュアなどの育毛剤で自宅対策を始めてみるのも良いですね。

女性の薄毛に良いシャンプーの特徴

女性の薄毛にはさまざまな対策方法がありますが、薄毛で悩んでいるのならまず見直したいのがシャンプーですよね。 育毛に効果がある、薄毛に良いシャンプーとして販売されている製品はたくさんあり、最近では女性薄毛の増加に伴い女性用の薄毛対策シャンプーなどもかなり増えてきました。

たくさんの種類があることで好きなものを選べるようになった反面、やはり数がたくさんありすぎて本当に良いものはどれなのか、どのようにして選べば良いのかと戸惑ってしまうこともあるかと思いますので、女性の薄毛に良いシャンプーの特徴についてご説明したいと思います。

まず、アミノ酸系の洗浄成分を使用したシャンプーが良いでしょう。アミノ酸系の洗浄成分は、安価でどこにでも販売されている高級アルコール系と言われる刺激の強いものとは違い、頭皮や髪にあまり負担をかけずに洗うことができます。

また、アミノ酸系と見せかけて高級アルコール系と混ぜてあるものもありますから、成分表示でラウリル、ラウレスとついている成分がないか確認してみると良いでしょう。

さらに、シリコンはダメージヘアの修復に必要なコーティング剤ですが、育毛を中心とした場合にはできればノンシリコンのものが良いとされています。 アミノ酸系の洗浄成分、そしてノンシリコンであればシャンプーによる髪や頭皮への負担がかなり抑えられるでしょう。

このような刺激の少ない成分で構成されているシャンプーは薄毛に良い育毛シャンプーと判断できます。 そのほか、女性用の育毛シャンプーには血行を良くする成分などが入ったものもたくさんあります。 頭皮の血行が滞って薄毛になっている可能性のある方はこういった効果も期待できるものを選ぶと良いでしょう。

最近は中年の男性以外にもこうやって女性が薄毛になる時代です。男性でも18歳でAGAになったりする人も珍しくなく、時代なのかなぁと考えさせられますね。

AGAかどうかを知るには遺伝子検査キットがオススメ

薄毛で悩んでいる方は、自分の薄毛の原因がどこにあるのかをまず知ることも大切です。 薄毛の大きな原因とされているのがAGAという男性型脱毛症ですが、このAGAというのは遺伝するものだと言われています。

そして、薄毛の原因がAGAに起因するのかどうかは遺伝子検査をすることで判断することができます。 薄毛を改善するためにはまず原因を追求することが非常に重要ですから、遺伝子検査を行ってAGAが原因であるかどうかを判断することは大切ですね。

実際にAGAであるかどうかの遺伝子検査を受ける方法としては病院などの医療機関で受ける方法と、検査キットを使って自宅で行う方法とがあります。 薄毛の問題ですから病院に行きにくいという方も多いでしょうし、費用面でも負担が少ないので検査キットでの検査がオススメです。

検査キットであれば郵送でキットが送られてきて、それを返送すると2〜3週間程度で検査の結果が出ます。 検査結果次第でどのような治療を受けるのかを考えてみてはいかがでしょうか。

育毛だけが薄毛やAGAの悩みを解決する方法ではない

日本では残念ながらハゲに対する評価は低いといわざるを得ないでしょう。育毛剤メーカーなどが余計に不安をあおるようなCMをしているようにも見受けられますが、実際女性の評価でも薄毛やAGAは好んで評価する人は少ないですね。

ただ、経験者ならわかると思いますが、育毛剤を使った治療って中々効果が出ないのです。それこそ費用ばかり掛かって頭にせっせと育毛剤やらトニックやらを塗りたくっても、一向に髪の毛は生えてこない。最近だとレーザーとかを当てている人もいるみたいですが、あれってどうなのでしょうか?

そこで、すでに育毛などは一通り試したけどダメなんだよなぁって人には、増毛法をお勧めしたいと思います。テレビCMなどでもおなじみなので、薄毛に敏感な人は楽勝で知っているのではないでしょうか?色々増毛法って言っても種類やメーカーがありますからね。

増毛って聞くとカツラってイメージがあるので、最初から論外にしている男性は多いと思いますが、実際に良く調べてみると案外ありかもって思うケースが多いようです。増毛することで自分の髪のように普段は振る舞えるんですよ!シャンプーしたり海で泳いだりしても取れないし、むしろとる必要がないので付けたまま寝れるっていう…。

有名どころだとマープマッハなどが今は人気が高いようですね。アートネイチャーのCMは毎回ユニークなので印象的です。薄毛世代の心をがちっとつかむようなキャスティングがされていて上手だなぁ~なんて思いながら見ていますよ。最近は懐かしいモデルさんを起用していますね。

他にはシートを貼るようなタイプの増毛もありますね。これだと生え際とかの後退が気になる人にはいいですね。M字が少し薄いから、この部分だけ濃くしたいなぁって人などに最適だって評価が良いですね。

まぁ増毛も良い事ばかりではないみたいですけどね。まず第一に維持していくために費用がかかります。月に数百円とか数千円とかのレベルではないですね。数万円はかかるって思っていたほうが良いでしょう。あと、いくらつけっぱなしで良いと言っても、毎月1回くらいは店舗に行って調整をしてもらわないとだめみたいですよ。