18歳という若さでの薄毛はAGAの可能性が高い

男性は年齢を重ねるとどうしても薄毛に悩む方が多くなってしまうものではあります。 しかし、中には18歳という若さで薄毛に悩まされる方もいます。

薄毛の原因は様々ですが若い方の薄毛の原因として多いのはAGAです。 18歳という若さで他に特別な原因が思い浮かばないというのであればAGAの可能性が高いと言えるのではないでしょうか。

AGAは男性ホルモンが原因で毛髪の発毛や育毛が阻害されてしまう病気であり、若い方でも症状が出る可能性が十分あるのです。 18歳という若さでもAGAが発症する可能性は多分にあり、いわゆる「若ハゲ」と呼ばれるような状態になってしまうわけですね。

もちろん、原因がAGA以外である可能性もあります。 AGAであるかそうでないかによって当然治療方法も変わってくるわけですから、原因を見極めることは重要です。 AGAであるかどうかを確かめるためには病院など医療機関でのチェックや、遺伝子検査キットを使って自宅でチェックをすることもできます。

医療機関で検査をすれば、そのままその結果をもとに治療を組んでくれます。薄毛の専門院であれば、その結果に基づいて多角的な治療も受けられます。なので、治療を検討されている方なら専門院での治療をお勧めしたいですね。

流石に18歳などの未成年であれば独断で治療に通うことは難しいと思いますが、社会人の方で月に1万もしくは2万くらいを半年くらいかけれるのであれば、カウンセリングを受けに行ってみると良いですよ。無料のカウンセリングの際には費用の見積もりなんかも出してもらえますからね。