タグ別アーカイブ: ポリピュア

髪が細いと感じたら後悔しないためにも自己判断せず病院へ

髪が細いと何かと不安になりますが、元々髪が細い人もいて、その太さよりも密度等も見ておきましょう。元々髪が太かった人が細くなったら、何かの原因により細い毛になってしまったということになりますから、その原因を探らないといけません。 そのほとんどが男性型脱毛症である事が多く、これの対策をしないといけません。

自分で男性型脱毛症の対策はできるのですが、本格的に治療したい方は、病院に行かれることをお薦めします。 病院ですと、専門家がどれくらいハゲが進行しているのかどうか、どんな薬や治療法が合うのかを判断してくれますから、安心して任せられます。例えば、プロペシアやミノキシジルの服用にしても、それぞれ副作用がありますから病院でしっかりと説明を聞いた方が身のためだと思います。

少しでも髪の毛のことで心配なら、「細い毛になったけどまだ大丈夫」という風に自己判断せずに、病院やクリニックに行かれることをお薦めします。 間違った判断をしてしまうと後悔してしまいますから、専門家に診てもらうのが一番です。それがまだ早いと感じるのであれば、ポリピュアなどの育毛剤で自宅対策を始めてみるのも良いですね。

ポリピュアが効く人と効かない人の違いはどこにあるのか

人気の育毛剤であるポリピュアが効く人と効かない人がいます。 この育毛剤は、独自の新成分であるバイオポリリン酸を配合していて、薄毛に良い商品です。 ですが、効く人と効かない人がいるのはどうしてなのでしょうか。

ポリピュアの特徴は、毛乳頭に直接働きかける所があるのですが、男性ホルモンが強く作用する人だとテストステロンの分泌が多く、5αリアクターゼの作用により、ジヒドロテストステロンに変化し、どんどんと薄毛を進行させていくのです。 ですから、いくら毛乳頭に直接働きかけ、毛母細胞に刺激を送っても、ジヒドロテストステロンの力が強すぎると、あまり意味がないのです。 男性ホルモンが強いということは、ジヒドロテストステロンを多く生み出していることでもあるのです。

ポリピュアは、男性ホルモンが強い方にはあまり効かない育毛剤ということになります。 他に5αリアクターゼの働きを抑える育毛剤等がありますが、副作用が強かったり、毛母細胞の活性化の働きは弱かったりするのです。

男性ホルモンがあまり強くない方や男性型脱毛症でハゲてしまった人以外に、ポリピュアは向いている育毛剤となっています。