タグ別アーカイブ: AGA病院

AGA治療に効果的な治療薬には副作用が報告されている

AGA治療に効果的だと言われているAGA治療薬プロペシアとミノキシジルにはそれぞれ副作用が出る可能性があることをまずはよく理解して使用するようにしましょう。 男性ホルモンを抑制する効果があるプロペシアの副作用として、男性ホルモンが低下するため、前立腺組織が萎縮するため勃起不全、精子の減少、精力減退、乳房が膨らんでくる、胃部不快感等があり、初期脱毛や下痢、腹痛、頭痛なども数少ないですが、報告されています。

塗るタイプで使われるミノキシジルの副作用として最も多く報告されているのが、頭皮のかゆみや炎症です。 しかし、飲むタイプのミノキシジルの場合は、プロペシアの副作用よりももっと深刻なケースが報告されています。

その理由は、元々高血圧症の人のための降圧剤として使用されているものですので、高血圧症の治療をしている人や低血圧の人が使用する場合は、深刻な影響を全身に及ぼす可能性がありますので、AGA治療薬を飲む場合は、必ず、医師の診断の元、服用するようにしましょう。また、頭皮または身体に異常を感じた場合は、すぐにAGA治療薬の使用を中止し、医師の診断を受けるようにしましょう。

AGA治療には効果が高いとされるAGA治療薬プロペシアやミノキシジルを服用あるいは塗ることで、ヘアケアサイクルを改善し育毛、増毛することで、抜毛や薄毛などを予防していく治療ですが、このAGA治療は、全て保険適応外のため診察代、検査代、初診料、治療薬などを自腹で支払わなければなりません。

また、AGA治療自体が、自由診療なので、AGA専門病院や頭髪治療がある一般病院等治療費の違いが出てきます。 特にAGA専門クリニックの場合は、治療薬の他に綿密に髪の毛の状況を診断するための検査を行っているので、その分、費用が高額になります。

AGA治療が、保険適用外の理由は、直接的に健康や生命維持に影響を及ぼすものではないというのです。最近ではAGAのために精神的に病んでいる人も多いため、専門医療機関でのAGA治療に限って、医療費控除が適用となる場合があります。 保険は利きませんが、医療費控除に相当する費用を支払っている場合は、医療費控除を申請してみてはいかがでしょうか?